医療においての薬の役割

医療においての薬の役割

私は小学校低学年の時、一型糖尿病と診断されました。
それから、インシュリン注射が欠かせなくなりました。毎食前にインシュリン注射を打って生活しています。

 

一型糖尿病はインシュリンが分泌される細胞自体が破壊されるので、インシュリンなしでは生きることはできません。
私が健康な生活が送れているのもインシュリンという薬があるからなのです。

 

私が糖尿病になってすぐの頃は、速効型と呼ばれるインシュリンを主に使用していました。
この薬の効果が出るまでには、30分掛かり、常に食事の30分前に薬を打たなくてはいけません。バイアグラジェネリック

 

それが、私にとってとても苦痛なことでした。
小学生時代は、30分前に注射を打たなくてはいけないということから、授業が終わるとすぐ保健室に行って注射を打たなくていけません。

 

給食当番の際には始めから作業することができなく、周りにいつも迷惑をかけているという罪悪感を常に持っていました。
しかし、中学生になると超速効型と呼ばれるインシュリンが使用できるようになり、そのインシュリンを使うこうで、学校生活が送りやすくなりました。

 

このインシュリンは効果がでるまでに10分しか掛からず、給食当番後でも注射することが可能になりました。
給食当番を最初からすることができ、その当時、自分の仕事を人に迷惑を掛けずにやり遂げることができたことが、とても嬉しかったです。

 

これも医療の進歩のお蔭だと思っています。
健康とは、心身が共に健やかな状態であることです。病気になり、薬を使用して通常の日常生活には問題は必要ありません。

 

ですが、些細なことではありますが、悩みは病気になる前よりも増えたように感じます。
給食当番の件もそうですが、日常の些細な悩みは尽きません。そんな時、頼りになるのが主治医からのアドバイスでした。

 

私が子供の頃、通っていた病院は小児糖尿病専門の病院でした。
主治医は、私と同じような悩みを持った患者を多く診察していることもあり、私が日常生活で感じる悩みを理解し、優しい言葉で私にアドバイスをくれました。

 

私が通っていた病院は、患者同士の交流もあり、そこで色々な情報を入手することができました。
私はその交流会に参加することで安心感も得られました。ピル値段

 

健康で充実した生活をするには、肉体の健康だけではなく、精神の安定もとても大切だと感じています。
私は、これからもインシュリンという薬に助けられながら生活すると思いますが、この薬があるからこそ、健康な生活を送れています。

 

薬と上手く付き合うことは、病気と上手く付き合うことにも繋がる事だと思うので、これからも、主治医のアドバイスに従い、健康で楽しい生活を送っていきたいです。

 

私は今までに何度か入院を経験したことがあります。
子どものときに気管支の病気になって1回、大人になってから肺の病気で1回、それ以外に短期でも数回入院したことがあります。

 

入院をすると、いかに普段の健康な生活がすばらしいことなのか気づくことができます。
入院をしてしまえば消灯時間が決まっていますから夜更かしすることができませんし、
個室でない限り他の入院患者もいますからプライバシーが守られないという問題があります。

 

病院食は味を追求しているわけではないですから100%は満足できませんし、何より食べたい物が食べられないのでストレスがたまっていきます。
ですから、たとえどんな形でも入院を経験すると、健康のありがたみを知ることができます。ピル通販

 

また、病院生活では基本的に1日を医療行為を投薬にあて、それ以外の時間は安静にするというのが基本サイクルです。
病気を治すために全力を注ぐ形ですが、患者としてはかなり自由を奪われた生活になりますので、そこは耐えなければいけないポイントです。

 

私の入院生活は概ねそういう感じだったのですが、それを考えるとこれからの医療はいかに入院生活による患者の負担を減らすかが大事になってきます。
この負担というのは体力的なことよりもむしろ精神的なことで、入院中どう患者の精神をケアするのか?
ということは健康にも影響してくる意外に重要なことです。

 

病気になってしまったのだからそういう生活になるのはしかたのないことではありますが、それでも患者としては医療行為を投薬を繰り返す毎日では、
精神的にもかなり病んでしまうのです。

 

医療関係者からすれば「そこまでケアしていられない」という意見が聞こえてきそうですが、精神の健康は肉体の健康にも影響を与えますし、
大切なことではないかと私は思っています。プロペシアジェネリック

 

特に、成人した大人ならまだしも、小さい子どもなどは入院をすればとてもさびしいでしょうし、精神のケアがかなり大事になってくるはずです。
誰しも望んで入院生活をしたいという人はいないでしょうし、入院生活の精神的な辛さを少しでも和らげるこれからの医療を私は期待したいです。

いつの時代も健康的な生活を送るには、バランスのとれた食事、適度な睡眠が欠かせないことは当然ですが、
忙しい現代ではなかなか十分に取ることは難しいことですね。

 

睡眠時間を削ってまで仕事をすることが素晴らしいような風潮は、ストレス社会の大きな原因となっている気がします。
最近の私の健康法は温泉療法です。

 

私は幸運にも温泉の豊富な九州に住んでおりますので、日常的に温泉に入っています。
どんなに疲れが抜けなくても、二時間ほど温泉に浸かり、サウナに入ると、とてもリフレッシュします。その後に飲むビールはまた格別です。
昔から酒は百薬の長と言われていますが、私はこの言葉は現代の人にも当然当てはまると思っています。(もちろん過ぎたるは及ばざるがごとしですが。)

 

私は昔からアトピー性皮膚炎に悩まされてきました。
ただ私の場合は慢性的なものではなく、一時的に劇症のように症状が出て、その後治まってしまうようなものです。レビトラジェネリック

 

最初に症状が出たのは20代半ばくらいで、とにかく痒くて痒くて、日常生活を送るのが困難な状態でした。
昼間服を着ていると、生地が肌と擦れて剥けてきますし、夜寝ると、シーツと背中が擦れて剥げてきます。

 

最後には表面が再生しなくなり、かさぶたすらも出来なくなるようなひどい状態になりました。
皮膚科に行っても、ステロイド軟こうを処方されるだけで、決定的な治療法はないようでした。

 

古代ギリシャ時代から、アトピーは原因不明の病気の代名詞のような扱いだったそうです。
その時に、カモミールティーを飲むと痒みが軽減されるというのを何かの話しで聞き、ものは試しに、ジャーマンカモミールを大量に買い、
一日二リットルくらい飲んだでしょうか。

 

冷蔵庫には常に麦茶の瓶にカモミールティーを入れて、気がつけば飲むようにしていました。
しばらくすると、本当に痒みがひいてきて、最終的には完治しました。ステロイド軟こうも使う必要が無くなりました。

 

これは怪しい健康法ではなく、あくまで私の体験談です。
カモミールは値段も高いものではありませんし、悩んでいる方は試してみる価値はあると思います。

 

もちろんプラシーボ効果である可能性は否定できません。科学的なデータもありません。
これだけは自己責任で試していただきたいと思います。ただしカモミールティーを飲みすぎてもトイレが近くなる程度の害しかないとは思います。更年期障害の薬

 

この時から何度かアトピーは再発しましたが、これほど
ひどいものになったことはありません。ステロイド軟こうも何年かに一度くらいは使っています。
何かの参考になれば幸いです。

 

 

もしも家族が病気になってしまったら、その病気に対してどう対応するのか関心を持ってしっかりと記憶しておかなければなりません。

 

最近の若い人は、たとえば祖父や祖母が病気になってしまったとしても、一緒に住んでいない場合が多く、なかなか関心を持つことができないかもしれないです。

 

住んでいる場所が遠ければ気軽にお見舞いすることもできないですし、そもそも普段から交流がなければ、会い辛いというのもあるはずです。
さらに、大人になってからは仕事の忙しさなど生活の忙しさを理由に、病気のことを心配する気持ちはあっても実行にうつせないことがあると思います。

 

しかし、家族が病気になったら、明日は我が身と思わなければならないのです。
いつ自分にそれと同じ病気になる未来がおとずれとも限りませんし、
そんなときにどんな病院へ行けば良いのか?どんな医療を受けたのか?どんな薬を処方されていたのか?などを、しっかりと知っておかなければならないのです。足のむくみ解消法

 

あかの他人ならば興味を持てなくても不思議ではありませんが、家族ならば心に何かうったえかけられるものがあるはずです。

 

また、病気になった家族からすれば、少しでも多く他の家族と一緒に過ごしたいという気持ちがあるでしょうし、そばにいてくれればそれだけで気持ち的に病気回復の手助けとなります。

 

ですから、家族が病気になったらたとえ距離的に離れていようともなるべく応援してあげなければなりませんし、それと同時に自分に置き換えて同じ病気になったときどう対処すれば良いのかを学ぶ機会だと思わなければならないのです。

 

今健康であっても将来病気になってしまうことは否定できませんし、そうなったときどう対処すれば良いのかをそこで学んでおくのです。白内障目薬can-c

 

本当ならば、家族全員が無事でいられればそれに越したことはないのですが、現実的にはそちらのほうが珍しいです。
ですので、家族が病気になってしまったら家族全員が医療行為に携わらなければならないですし、処方される薬のことぐらいは知っておくべきです。

 

ですので、家族が病気になったときはそこまで考えなければならないのです。

自分の健康や医療、そして薬のことを考えたとき、将来に対してなかなか楽観して考えることができません。
なぜならば、度重なる増税からもわかるように、将来は適切な医療を安い費用で受けられるかが、かなり未知数になってきているからです。

 

今は国民健康保険で3割負担になっていますからあまり裕福ではなくても適切な医療行為や投薬をしてもらうことができます。
しかし、もしもこれから国の財源が切迫したとき、医療費の負担がどんどん患者個人に課せられていけば、必然的に「病気を治したくてもお金がないから病院へ行けない」という満足に医療行為を受けられない人が、続出してしまう可能性があります。

 

それは、もちろん避けなければいけないのですが、今の政治を冷静に観察してみると、そうなってもおかしくはないということを感じずにはいられません。

 

考えたくはないですが、医療や薬をお金が完全に支配する時代がやってくるかもしれないのです。
医療というのは、本来お金があろうとなかろうと平等に受けられなければいけないものです。偏頭痛薬

 

しかし、今の医療体制が続いていけば、残念ながらそれが瓦解してしまう可能性は決して捨て切れないのです。
ですから、今のうちに何とかその点を解消しておかないと、未来に希望を持つことができなくなってしまいます。

 

ただ、医療費の負担をするために消費税を大幅増税したりすると、それはそれで日常生活が満足に送れなくなってしまいますから、
四面楚歌の手詰まり状態という厳しい現実に日本は直面しています。

 

今の子ども世代がおとなになったとき、果たしてどんな医療体制が敷かれているのかは誰にもわかりません。
もしかしたら、薬が高くて買えないという人が当たり前になってしまっているのかもしれないのです。

 

それは私を含む今の大人が責任を果たさなければそうなってしまうわけですから、少なくとも今くらいの医療体制は守っていかなければならないのです。

 

だからといって一人の人間で何ができるかと考えればそんなにないのですが、それでも普段から健康や医療や薬に対して関心を持ち、
少しでも積極的に参加していくことが重要だと私は思います。